(完全版)いじめから身を守る自己防衛術

ここでは、「(完全版)いじめから身を守る自己防衛術」 に関する記事を紹介しています。



(完全版)いじめから身を守る自己防衛術

商品概要
(完全版)いじめから身を守る自己防衛術
旧商材名2 いじめ防衛マニュアル
旧商品名1 いじめから身を守る自己防衛術
サービス名: ダウンロード
発行者: 浅沼 和義




(完全版)いじめから身を守る自己防衛術 ・いじめ解決への最速戦略

イジメ解決への最速戦略

9つの武器(方法)を手に入れた貴方は、いじめグループになど負ける訳がないのだ!


この度、旧版を全面的に改訂しまして、新しい教材を完成しました。

題名は(完全版)「いじめから身を守る自己防衛術」です。
(本文.A4.P161 特典.計A4.P27 計P188.
別送特典 A4.P18 合計P206)


いじめに悩んでいる人たちに、是非とも読んでいただきたい教材です。

ここまで具体的な解決策がある教材はありません!

あなたに紹介していただくことによって、いじめに立ち向かう

チャンスを与えてください!!



●こんにちは!



MT行動科学研究所の浅沼和義です。





今日は「いじめから身を守る自己防衛術」の



購入をご検討していただきたく



連絡させていただきました。







今、いじめの問題で悩んでいる人が多く、



この手の解決策を待っている人が沢山います。





その割にはこの手の教材が少なく、



あっても格闘技が強くなればいいとか



慰めの言葉をかけるといったようなものです。





解決は方法によらなくてはなりません。



しかし、解決の具体的な方法という情報は



皆無に近いのです。





今回具体的な方法による



いじめ解決策を完成させました。





これは各いじめの種類別の



解決策になっています。





今回この教材に於いては現場教師や



心理カウンセラーの意見や



法律家の監修を取り入れて完成しました。









*いじめから身を守る自己防衛術***

* *

目次



はじめに



(Ⅰ)準備



(1)記録をつける。



(2)現状を把握する。



(3)自分のポジションを確認する。



(4)相手を調べる。





(Ⅱ)具体的な方法



(1)仲間を探す。



(2)仲間をつくる。



(3)いじめグループを切り崩す。



(4)リーダーを味方にする。





(Ⅲ)具体的な対処法



(1)無視(シカト)を解消する。



(2)言葉、文字によるイジメを止めさせる。



(3)物を隠す、壊す、いたずら書をなくす。



(4)カツ上げを(恐喝)封じる。



(5)暴力行為を伴うイジメを止める。



(6)万策尽きた時には



(Ⅳ)未だ挫けず!205の考え方







市販されている書籍でも、



研究や統計資料、実例集などは沢山有るのですが、



いじめを受けている側がどうすればいいのか



という情報は少ないのです。





この方法は教師の側からの解決策ではなく、



被害を受けている側からする解決策です。





なぜこのようなサイトを立ち上げたのか?



いじめから身を守る自己防衛術



学ぶ事にこんなにも障害があるのは



どこかがおかしい。



それも物理的なことではなく(金銭的な、身体的な)



同じ人間がする事でです。





いじめによる障害ほど時間を



無駄にすることは有りません。





なぜ効果的な方法で解決出来ないのだろうか?



と考えたからです。









特典も充実させました。



1)速効、気持ち回復法



2)オリジナル版進呈



「相手を調べる」を武器(方法)にする



3)困難時の身の処し方3策



4)モニターキャンペーン



3000円プレゼント







Q&A充実させました。



十分に購入者の疑問に答えられていると思います。





返金保障も付けました。




購入しやすくなっております。







何卒皆様の



ご検討をお願いいたします。





ご不明な点がございましたら



どうぞ連絡して下さい。





MT行動科学研究所 浅沼和義



いじめから身を守る自己防衛術






以下の文章は販売ページ内にある文章です。



いじめから身を守る自己防衛術




3つの道具を身につけ



9つの武器(方法)を手に入れ



205の考え方を覚えた貴方が



いじめグループなどに負けるわけがないのです。







人間をやっていて何がつらいって、



シカトや悪口、陰口そのものが



つらいのではないのです。



本当につらいのは



「どうしたらいいのか方法がわからない」



「何をしたらいいのか手立てがわからない」



「どうしてこうなったのか原因がわからないの」



これが一番つらいのです。



このうちの1つでもわかれば



いじめそのものはそんなに苦ではないのです。



直接的な痛みや悔しさにも耐えられるのです。







人から与えられる解決策を待つのっではなく、



自らの力で行う事が一番安全で確実な方法なのです。







この本を読み終える頃には、



貴方の顔にはふてぶてしさが湧きあがって来て、



目は底光りをし、



腹の底から不敵な笑いがこみ上げてきます。




昨年11月に公開しました
「いじめから身を守る自己防衛術」ですが、


この度、旧版を全面的に改定いたしまして、
新しい教材を完成しました。


題名は「いじめ防衛マニュアル」です。
(本文.A4.P160  特典.計A4.P47 計P 207)


内容量も旧作(本文113P特典5P)から新作(本文160P特典47P)へと倍近くになり、内容も充実したものとなっております。


旧教材では私(浅沼和義)が作者となっておりましたが、新教材には情報提供者、竹井昭一が筆者としております。

私はプロデュース的な立場で専門分野が違う所を補充し作品を完成した次第です。






商品詳細情報

今の貴方は、力も数に於いてもイジメグループより劣勢だと思います。

それに代わる力も皆無に近い事でしょう。

イジメをなくするためには貴方自身が強くならなくてはなりません。

いつ迄も人から与えられる正義を待つのではなく、自らの手で解決していくのです。

イジメグループに対抗出来る力を構築しなくてはならないのです。

「反抗する手段」「対抗する武器」「回避する知略」を作るのです。

今迄は何も出来なくてやられ放題でも、力(方法)を得ればイジメなどは軽く凌駕出来ます。

ここから反撃の開始なのです。




(Ⅰ)イジメ解消法


1.準備をする。「記録をつける」戦う道具を作ります。そのやり方と用い方。「現状を把握する」「自分のポジションの確認」感情だけで騒いでいても問題は解決しません。そのやり方。「相手を調べる」相手を理解する事では有りません。その方法と用い方。


2.仲間の作り方。イジメは少数だからいじめられるのであって、少数から多数へのいじめは存在しません。力が無いのなら仲間を作り、多数になる事です。それは1つの力(勢力)となります。瞬間的に貴方を味方なのだと認識させる方法です。これを受け入れた人間はたとえ自身が切羽詰っても、貴方に刃(ヤイバ)を向ける様な事はしません。これを受け入れるとあなたを裏切れなくなります。これをされた人間は、貴方の力になってくれます。仲間にする言い方、働きかけ方を2段階で行います。これは男女間、親子間にも応用出来ます。


3.いじめグループを切り崩す。こちらは少数で、人数では負けています。正面から対峙してはいけません。用いるはゲリラ戦です。1人ずつ切り崩し自分の敵ではなくします。その働きかけの方法。


4.リーダーを見方にする。リーダーの心に取り入り、籠絡する方法です。手下になるというものではありません。リーダーを味方にすることが出来れば、下の雑魚共の挑発は簡単に止みます。真のリーダーの見つけ方と工作方法。人間は自分と異質なものを持つ者には嫌悪感を抱き、排除しようとする心理が働きます。理解出来ない者にいたっては恐怖感すら覚えるものです。相手の心を解き、自分に親しみを持たせる方法です。


5.無視(シカト)を解消する。シカトはイジメの始まりです。シカトを解消する事はイジメを無くす基本です。今まで何が足りなかったのか、どうしたらよかったのかまで解説します。シカトを1人又は複数から受けている。少人数からクラスの半数からシカトをされている。シカトがクラスの全体に広まった、クラスの全員からシカトされている。クラス中から完全無視を受けている。先生までよそよそしい、間を置いている感じがする場合。それぞれの状況で用いる方法が違います。シカト解消のし方。


6.言葉、文字によるイジメを止めさせる。人は、いきなり悪口や陰口を言い出すものでは有りません。あなたは気付かなかったかもしれませんが、そこには前兆が有ったのです。より強い言葉との2段階で止めましょう。


7.物を隠す、壊す、いたずら書きをなくす。これも、今まで何もしなかった人が、いきなりあなたの物を隠したり壊したりするものではありません。強い力との2段階で対応しましょう。


8.カツ上げ(恐喝)を封じる。これはもう一線を越えていることをはっきり認識しなくてはなりません。証拠と強い力で封じます。


9.暴力行為に伴うイジメを止める。これは1~6とは問題の質が違います。強い力で対応します。


10.万策が尽きた時には。事態が極限まで進み、イジメに耐えられそうにない時。どうしても事態を好転できない時、最後に用いる策です。 これ等の方法は全て用いなくてはならないというものでは有りません。全ての方法を実践しなくても、直面している問題にだけ用いるべきで、1つの方法で十分満足すべき結果が出ます。他の方法は知識として知っておいたら良いのです。



(Ⅱ)未だ挫けず!205の考え方考えられる問題への考え方です。53の疑問に205の(各項平均3種類)考え方、行動の取り方が有ります。実は、これ等は個々の問題に対応する考え方としてだけ書いたものではありません。こういう疑問が生じた時にどういう考え方が有るのかという「考え方」を知って下さい。個々の解決例だけではなく「考え方」を覚えて下さい。このような時には「こういう考え方をする」というふうに読んで下さい。



(Ⅲ)ストレスに強くなる為に


1.心のバランスを保つ方法。頭の中を覆う不安感や焦燥感、閉塞感やイライラ感を解消し心の安定に効果があります。ムシャクシャしたり、しょんぼりしたり、落ち込んだ時に効果があります。気分を落ち着かせリラックスする事が出来ます。そんな時にすごく効果のある方法で、すぐに気持ちを切り替える方法です。


2.落ち込んだときの回復法書く事で気持ちを回復していきます。失敗、ヘマ、シクジリ、失恋、裏切り、叱責、言いがかり、ケンカ、事故、災難、アクシデントなどが原因で気持ちが落ち込んだ時や心が傷ついたときの回復にこの方法は効果が有ります。


3.柔軟な考え方になる方法。気持ちが落ち込んでいる時には、悪いことばかりに目が向いて、物事を現実以上に否定的に考えたり悲観的に見てしまったりしています。ここで問題なのはあなたではなく、あなたの考え方です。人は変えられませんが、あなたの考え方は変える事が出来ます。現実に添った柔軟な考え方に修正することが出来ます。


4.自信をつける方法。人間は目的がないと、いくら心に歪みがなく正常な精神状態だとしても、周りからの影響や干渉を受け易くなります。目標を持つと、人間は孤独にも耐えられます。自信をつけるための目的の作り方。


5.心を充実させる方法。人間の心は脆弱なもので、放って置くとすぐに「負」に傾きます。自分でこれを良くしようとしない限りどんどん悪くなります。ですから、毎日元気になる考えを注入しなくてはなりません。心を元気にする方法です。

詳細はこちらをクリック⇒ いじめから身を守る自己防衛術




↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する