Drastic Solution for FX

ここでは、「Drastic Solution for FX」 に関する記事を紹介しています。



Drastic Solution for FX

商品概要
Drastic Solution for FX
サービス名: ダウンロード
発行者: 株式会社玄人工房




「自動トレンドライン描画システム」がライントレードにおいて絶大な威力を発揮



「Drastic Solution for FX」のご説明ですが、

ライントレードが基本の裁量トレーダーをアシストする本格派MT4ツールで
最も付加価値の高いツールは「自動トレンドライン描画システム」の搭載です。

私自身も「自動トレンドライン描画システム」は、すでに「空気」に近い存在で、
ブレイクの位置がラインから分かる便利さ。言葉ではほとんど伝わらないですが、
正直、一度これを味わうと「愛用のメガネ」くらいトレード上の必需品になります。

また「Drastic Solution for FX」は、弊社の理念に共感いただいたお客様から
「FxSuperTools」以上に使えるという高いご評価をお陰様で既に頂いております。

[Drastic_Solution_for_FX]は、以下の11のツール、
10のテキスト解説(ReadMe.txt)、PDFマニュアルから構成されています。

・ [Basic_Order_Scripts]
・ [BreakEven_Trailing_EA]
・ [Currency_Power_Stream]
・ [Multi_Trendline_Optimizer + Thermograph_Type2 + Volume_Moving_Average]
・ [Multi_Symbol_Display]
・ [Multi_Symbol_Display Type2]
・ [My_Trading_Rule_Display]
・ [Position_Close_Alert_EA]
・ [Position_Display EA]
・ [Rapid_Add_SL_&_TP]
・ [Show_My_Trade]
・ Drastic_Solution_for_FX.pdf PDFマニュアル48ページ


このツールを使ったスキャルピング裁量トレードです。(以下履歴)
http://drasticsolutionforfx.com/history/2010-03-08.png

もし「FxSuperTools」を超える「稼げるFXツール」にご興味がおありでしたら、
一般のサイトとは一味も二味も違ったガチで真剣なサイトを覗いてみてください。
(常識を塗り替える覚悟でFXに携わる方々へ贈る弊社の本気メッセージです。)


Drastic Solution for FX




商品詳細情報

2010年8月1日から国内すべてのFX業者のレバレッジが50倍までに規制されます。

[Drastic_Solution_for_FX]では、スプレッドが以下の水準を保ちながら、



USDJPY 0.5-1.0

EURUSD 0.5-1.0

GBPUSD 1.0-1.5


入出金がしやすく、約定力が高く、約定時のスリッページが発生しにくく、

さらにスプレッドが狭く、レバレッジ200倍~500倍、を選択できる海外FXの

ブローカー情報も併せてご提供させて頂きます。(製品に同梱しています)

知っておくか否かで、2010年8月以降のFXの収益に10倍以上の差が出ます。




[Drastic_Solution_for_FX]に含まれるプログラム




・ [Basic_Order_Scripts]



成行注文、指値注文、決済注文、のスクリプトを同梱します。発注操作をキーボードに割り当てることで、

極めてスピーディーかつシンプルにトレードが可能となります。FX業界の発注システムの操作面において最速の水準と自負しています。



・ [BreakEven_Trailing_EA]



BreakEven_Trailing_EAは、含み益が○○○pips発生したら、SL(損切り逆指値)ラインをエントリー地点に変更し、保有ポジションが含み損に転じる事を防ぐEAです。

さらに、Trailing機能によって含み益が発生するごとに、SL(損切り逆指値)ラインを1pips間隔でトレーリング(追従)することもできます。



・ [Currency_Power_Stream]



ストリーム(流れ)から時系列で通貨強弱を把握し、下降トレンド、上昇トレンド、の発生している通貨ペアを認識する事ができます。

通貨の強弱は10段階です。図2段目のようにトレードを希望する通貨のみを選んで表示する事が可能です。

トレード対象となる通貨ペアを選ぶ際、このインディケータによって、強いトレンドの発生している通貨の組み合わせが分ります。

逆に相対的に強弱の近い(揉み合い状態の)通貨を選ぶ事で、ブレイクアウトしそうな組み合わせが分ります。



・ [Multi_Trendline_Optimizer]



Multi_Trendline_Optimizerは、別名「自動トレンドライン描画システム」です。

最適な位置に描画される複数のトレンドラインを、抜けるか、戻るか、によって、重要な節目での激しい攻防が分ります。

Drastic Solution For FXのなかで、最も付加価値の高いインディケータです。現在の位置がどのトレンドラインに囲まれ、

どのトレンドラインで反発するか、ブレイクするか、を示唆します。シンプルな指標ですが、裁量トレードにおいて絶大な威力を発揮します。

「自動トレンドライン描画システム」には想定されるトレンドラインを補完するPredicted機能(紫色)を備えています。



・ [Thermograph_Type2]



FxSuperToolsで好評であったサーモグラフを一行にまとめました。表示領域を広く取っていた前作よりもシンプルになりました。

このシンプル化によって、対象となる足数のパラメータを変えながら複数のサーモグラフ表示を実現しました。

Thermo_Type2では前作より反応が早くかつ持続した強弱の分かるTrendインディケータのロジックを採用しました。

Thermo_Type2のパラメータでは通貨ペアを指定すると、それらの強弱をを平均して色を描画します。



・ [Volume_Moving_Average]



価格が動くか動かないかを容易に見分ける指標として出来高があります。出来高(約定金額合計)がなければ価格は大きく動きません。

出来高移動平均線の流れを見ることで、トレンドラインを抜けるか抜けないか、ブレイクするかしないかを確認できます。

出来高が大ならばトレンド傾向、出来高が小ならばレンジ傾向、という認識を可能とします。



・ [Multi_Symbol_Display]


複数の通貨ペアの現在価格、スプレッド、当日始値から価格が動いた距離、高値安値の当日レンジ幅、

1日/5日/10日/20日の平均デイリーレンジ、1分足~4時間足までの強弱、これらを一覧で認識することができます。

どの通貨ペアを、売り買いどちらで入るか、まずMulti_Symbol_Display で参考にします。




・ [Multi_Symbol_Display Type2]


トレード開始前に売買スタンスを決めるためのインディケータです。



・ [My_Trading_Rule_Display]


常にトレード中、潜在意識へ「ルールを守る」というメッセージを送ることができます。

メッセージを意識しない場合よりもトレード結果を飛躍させる可能性が高くなります。

日々、繰り返し見ることで潜在意識への刷込みが行われ、トレード力が変わります。


・ [Position_Close_Alert_EA]


Position_Close_Alert_EAは、お客様のポジションが決済されるとアラートを鳴らすEAです。

決済指値逆指値をセットしておくことにより、保有ポジションが決済されるまで、

ポジション保有中に発生する無用な感情やストレスからトレーダーを解放します。



・ [Position_Display EA]



Position_display_EAは、お客様の保有ポジションをリアルタイムに表示するEAです。

表示される項目は、チケットナンバー、通貨ペア、注文形式、エントリー時刻、エントリー価格、

ロット数、現在損益、最大含み益、最大含み損、ポテンシャルリスク、ポテンシャルリワード、です。



・ [Rapid_Add_SL_&_TP]



スプレッドの狭いECN系のFX業者は、まず新規エントリー時のTP(指値)SL(逆指値)を受け付けません。

そのため、ポジションを持った後で、変更注文(OrderModify)が必要になります。

この問題に対応するため、まずエントリー注文を入れ、速やかにTP(指値)SL(逆指値)を追加するツールが必要になります。

Drastic Solution for FXには、ご希望に応じた値のTP(指値)、SL(逆指値)を、一瞬で追加できる便利なツールを搭載しています。




詳細はこちらをクリック⇒ Drastic Solution for FX




↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング


関連タグ : 情報商材, Drastic, Solution, for, FX,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する