『社長の財布 「死に金」を活かす人、「生き金」を捨てる人』

ここでは、「『社長の財布 「死に金」を活かす人、「生き金」を捨てる人』」 に関する記事を紹介しています。





社長の財布

商品名 社長の財布
商品区分 EB
出版社名 経済界



ご紹介する一冊は、

社長のための財布本、


これまでに2000社の赤字会社を立て直してきたという著者が、金の貸し借りから、経営者が投資すべきお金の話、
まちがったコスト削減、値下げ競争など、主にお金の点から、社長のあり方を論じています。

こちら▼

『社長の財布 「死に金」を活かす人、「生き金」を捨てる人』
社長の財布


会社を経営している。
将来経営者を目指している。
さらなるステップアップを望んでいる。
そんなアグレッシブなビジネスパーソンへ送る1冊


著者は、みなさまご存じのベストセラー『社長のノート』の長谷川和廣さん。

社長の財布とは

モノやジンクスではなく、社長の「金銭感覚」を中心に論じた内容

これまでに2000社の赤字会社を立て直してきたという著者が、

金の貸し借りから、経営者が投資すべきお金の話、まちがったコスト削減、

値下げ競争など、主にお金の点から、社長のあり方を論じています。

値下げ競争のあたりは、

「なるほど。その手があったか」と思わせる内容です。


こちらの本▼

『社長の財布 「死に金」を活かす人、「生き金」を捨てる人』


社長の財布


この本から学べること▼
===========


「会社が赤字だからといって即リストラしても黒字化するわけではない」

「黒字と赤字の差、それはたった1円の差でも天と地を分ける差である」など、

会社や部署を「黒字」に変えるための金銭感覚を磨くことができます。

そうすることで、お金と上手に付き合い、お金を有効に使い、厳しい世の中を生き抜く術を伝授してくれます。

自分の会社に当てはめて考え、ぜひ黒字体質を身につけてほしいと思います。


また、この本は、

2000社以上の赤字会社を再生させた著者が、

経営者だけでなく、将来会社の幹部を目指す方、

自分のセクションレベルで経営の勉強をしている方など、

すべてのビジネスパーソに贈る一冊となっています。


是非、この機会にお手に取って
「Play hard! Work hard! ではダメだ。
Work hard! Play hard! であれ」のように

「遊びが先に立ったら、仕事など真剣にできるはずがない」

つまり仕事を必死でやった上で、遊びもしっかりやっている

そんなリーダーこそ魅力的だと言っています。


魅力的で、真に仕事ができ、人を引っ張ることができる人間になりたくありませんか?

現役で必死に仕事をしておられる
皆様へ捧げるメッセージが書かれております。


是非実践してください。


お金で成功する人、失敗する人、

お金は魔物であり、また人を動かす手段になる。と著者は言っています。

そんなお金の持つパワーと、どう向き合えば幸せになるかがわかるというのです!



詳細はこちら▼


社長の財布




社長の財布▼

社長の財布


この本は、

40年間に2000社もの赤字会社を再生してきた著者の
『気づきメモ』をまとめて綴られた本です。


●経営者や会社の幹部の方々、
●もしくはこれから会社の幹部をこれから目指す方には、


とくにご覧頂きたい内容です。


そして、


あなたがお金と上手につき合い、お金を有効に使って、この厳しい世の中を生き抜こうとする為の本であって、


けっして、


『財布の中身を増やしてお金持ちになろう』という内容ではありません。


それらを踏まえて、下記のような学びを得られます。


--------------------------------------------------------------------------

■お金で成功する人、失敗する人


金の切れ目が縁の切れ目。お金は魔物であり、また人を動かす手段にもなります。そんなお金の持つパワーと、どう付き合えば幸せになれるかを考えます。



■できる人は『情報』をお金に変えるのがうまい

目の前で起きたことや人から聞いた話。そこからどんな情報を引き出すか、そのためには机に座っているだけではダメです。とにかく行動範囲を広げること。嗅覚を鋭くしてお金のなる気の根っこを探し出すのです。



■節約やリストラでは”利益”は出ない!

部下に利益を求めると、8割近くの人がすぐに『節約』を考えてお金を捻出しようと試みます。でもこれでは組織が停滞するだけ。どうしたらお金儲けができるかを考えなければ、企業は失速します。



■考える前に行動。動かなければお金は手に入らない!

利益に結び付く考えや情報は現場やお客様が握っています。広くて立派で応接が豪華な社長室など利益には向きません。社長室は組織の作戦本部であるべきです。



■残業代を惜しむ会社は生き残れない!

どんなに会社の理念や経営者の考え方が立派でも、残業代をとことんケチるような会社のために働こうとする社員などいないのです。



■ゴールを示せば、お金は後からついてくる

何のために仕事をするのか。その目的とゴールを示していない経営者や管理が多いと感じます。たとえば新人に、『これ雑用のような仕事だけど頼むね』というような指示をしていませんか。雑用と言われて真剣になる人は、そう多くはいません。


■”財布”を見れば経営能力がわかる

お金というものは丁寧に扱った人のところに戻ってきます。金銭感覚のない人や無駄な死に金を使う人は最後にしっぺ返しを食らうのです。おなたはお金を粗末にしていませんか?


その他にも、、、、


●ツキを呼び込む会社とツキに見放される会社との差
●危険や会社の10パターンの兆候
●合理的、かつ迅速に仕事をするための究極のツールとは?
●乗っ取られる会社と乗っ取られない会社の違い。


などなど、、


うっかりはまってしまっている失敗パターンに気付かされる事が
本当に多いと思います。


--------------------------------------------------------------------------


是非、この機会に、


『死に金』

『生き金』


について考えてみましょう。



社長の財布▼

社長の財布





↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する