時とリスクを制御して勝つテニス~結果が出せる考え方とその実践ドリル~【亜細亜大学教授・テニス部監督 堀内 昌一 指導・解説】

ここでは、「時とリスクを制御して勝つテニス~結果が出せる考え方とその実践ドリル~【亜細亜大学教授・テニス部監督 堀内 昌一 指導・解説】」 に関する記事を紹介しています。

時とリスクを制御して勝つテニス~結果が出せる考え方とその実践ドリル~【亜細亜大学教授・テニス部監督 堀内 昌一 指導・解説】

商品名 時とリスクを制御して勝つテニス~結果が出せる考え方とその実践ドリル~【亜細亜大学教授・テニス部監督 堀内 昌一 指導・解説】
商品区分 EC:物販
インフォプレナー名 株式会社トレンドアクア


■:「そこがダメ!テニスが全然上達しない理由」

============================
本商品の特徴
============================


■■錯覚を理解し、時とリスクを制するテニスで戦う。■■


「ちょっとやり方を変える」ことがコンセプトのDisc1では、
戦い方に時間とリスクの制御が
不可欠であることがシンプルに理解でき、


すぐに練習に組み込めるよう工夫があります。

実は多くのコーチとプレイヤーは
根本的な部分から錯覚をしているために、


いくら打ち方の練習をしても「勝てないテニス」という結果を残しています。

その錯覚を取り払う為にも
是非視聴していただきたい内容です。



■■時を作りリスクを減らすオーバーヘッド/あるべきサービスの考え方■■


「ちょっと考え方を変える」ことがコンセプトのDisc2では、
場面場面を再考することで、


同じ時間で動ける距離が大幅に変わり、
またほんの少しコート内の視点を知ることで、
プレーの成功率も変わるなど、

今までのテニスが劇的に変わる秘訣が盛り沢山。

小学生からシニア、初心者からアマチュアまでもれなく対応する充実の内容です。


幅広い世代がカテゴリーを問わずに、組み込めるシンプルな思考と戦術とは何か?



■■リスクと時間で考えるロブ、レシーブ、ボレー/ストローク練習を勝つために再考■■


このDisc3では、テニスの基本的プレーすべてにおける
間違いが払拭されるよう、

ロブ、レシーブ、
ボレー、ストロークを収録しています。

他の指導書やDVDと違い、

ストローク練習は
短い時間しか収録されていませんが、
この巻にはその理由も明示されています。


テニスの基本を根本から考え直しやり方を変えていく。

プレーヤーさま達だけではなくトレーナーさまも見逃せない驚きの内容です。



============================
本商品の概要・特徴
============================


【概要】
錯覚の払拭と基本の再考で、
苦手を得意に、勝ちたいを勝てるようにする
テニス選手を育てるDVD教材です。


【他社にはない3つの特徴】

■■1■■■■
ちょっとやり方を、考え方を変えただけで劇的に変わるテニス
■■■■■■■■

今までのやり方、考え方をちょっと変える…これの効果が発揮するのは
勉強だけではありません。

テニスだって同じ。今までの考え方、やり方で上達しない、伸び悩んでいる…
それは才能が無いから?努力が足りないから?

今回ご紹介するテニスドリルは3本立て。

ちょっと変えるだけ…それだけであなたのテニスが勝つテニスへと変化します。

兎に角面倒なことや厳しいことは何もありません。
しつこいようですが今までを「ちょっと変える」だけなのです。


■■2■■■■
講師は関東リーグ男子5連覇、女子8連覇など数々の指導実績。
亜細亜大学教授・テニス部監督 堀内 昌一 氏
■■■■■■■■

堀内先生は、関東リーグ男子5連覇、
女子8連覇など数々の指導実績を作りながら世代を超えた普及、強化活動を行っています。
日本テニス協会公認マスターコーチとして指導者の養成にも携わり、
名実共に指導者の中の指導者で日本のテニス界全体をリードされています。


本作では映像で伝えられる自身のコーチング術の集大成として、
分かりやすく、これなら勝てると選手が感じられるようになる考え方とドリルを、
実際の現場でのやり方と流れで公開しています。


■■3■■■■
他社にはないテニス上達方法
■■■■■■■■

テニスの教材は数多くありますが、
本商品は「ちょっと変える」ために、
実践ドリルに焦点をあてている、唯一の教材になっています。

他社には「ちょっと変える」ことだけに特化した教材はありませんので、
なかなか試合に勝てないプレイヤーにとって、待望の商品になります。

興味のある方は、下記動画15秒頃〜ご覧ください。
https://youtu.be/4AhuhiJ6How



■:仕事がら今年もたくさんのスポーツの大会を観ていますが、
その中でも今年の夏の甲子園大会には感動しました。

優勝した大阪桐蔭も強かったですが、
準優勝した金足農業の吉田投手の熱投には久しぶりに胸が熱く
なりました。

しかし胸が熱くなると同時に800球以上投げたことが
大きな波紋を呼んでいます。

将来の怪我のリスクが大きいと言うのが、
波紋を呼んでいる一番の大きな理由です。

しかし前提として、
高校野球全体としても投手の投げ込みの、
練習量が昔に比べてかなり減っているようです。

だからといってレベルが下がっているかというと、
むしろ逆で高校野球全体のレベルは上がっています。

例えば松坂投手が席巻した1998年の夏の甲子園では140キロ以上の
スピードボールを投げる投手がわずか4人でしたが、
今回の大会では40人以上いるそうです。

また以前は一部の強豪校に戦力が集中していて、
公立高校が勝ち上がるなんて
不可能だと言われていました。

しかし今では今回決勝まで勝ち上がった
金足農業のように公立高校の躍進も目立ちます。

それはいったいなぜでしょうか?

もちろん地獄のような猛練習をしたから
ではありません。

今までのやり方とは異なる練習を
各チームが導入しているからです。

今までの伝統的な練習の良い所を残しながら、
現代ならではのデータを活用した効率の良い練習を取り入れることで、
全体的な練習時間の削減にも繋げているのです。

こういった傾向は高校野球だけの話ではありません。

長くなりましたが
今回ご紹介するのは、
このようにこれまでの練習を少し変えるだけで、
「勝てるテニス選手」に激変するトレーニングの商品です。

昔からの強豪校が勝つのは、
ある意味当たり前です。
最初から優秀な選手を集めているからです。

そういったチームの練習法を販売してもあまり売れません。

それよりも伸び悩んでいた選手やチームを再生させる
練習法はどんなスポーツであっても
魅力的でかなりの売り上げが期待できます。

では今回の商品の詳細です。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
この商品の魅力
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

●堀内昌一さんの実績

一番は指導・解説を務める堀内 昌一さんの
実績にあります。
関東リーグ男子5連覇、女子8連覇など数々の指導実績を作りながら
世代を超えた普及、強化活動を日々行っています。
今まで伸び悩んでいた選手を大きく成長させることに関しては日本でもトップクラスの指導者です。
今の練習を"ほんの少し変えるだけで"
勝てる選手に激変させる方法を公開しています。


●ウィンブルドン・ジュニア日本人初優勝の
 追い風

大阪なおみ選手の活躍が目立っていたテニス界に
大きな追い風とも言えるビッグニュースが飛び込んで
きました。
ウィンブルドン・ジュニアで望月慎太郎選手が
日本人初優勝を遂げたのです。

これによって中高生のテニス人気がますます高まることが
予想されます。

そうなるとこのあとの全米オープンや来年の東京オリンピックに向けて
ますますテニスの検索需要拡大が期待できます。

他にはない練習法が満載の"時とリスクを制御して勝つテニス”で
是非先行者利益を得てください。




◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
この商品の魅力と売れる理由!
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

今回ご案内する商品
時とリスクを制御して勝つテニスを強くお薦めするのには
理由があります。

"時とリスクを制御して勝つテニス"には大きな
売り上げが期待できる
だけの魅力が詰まっています。


■堀内昌一さんの実績

それは指導・解説を務める堀内 昌一さんの実績にあります。
関東リーグ男子5連覇、女子8連覇など数々の指導実績を作りながら
世代を超えた普及、強化活動を日々行っています。
今まで伸び悩んでいた選手を大きく成長させることに関しては
日本でもトップクラスの指導者です。


■全米オープンの開催

観客動員数、賞金総額ともに世界最大規模の大会である
全米オープンがまさに今開催中です。
この大会は他のグランドスラム大会とは異なり、
ファイナルセットもタイブレーク方式を採用しているため、
試合が面白くなり世界中が熱狂します。
もちろん日本からは錦織圭選手や、
大坂なおみ選手も出場予定なので、
テニス関連キーワードの検索需要が増えることも予想されます。


■テニス人気の高まりと検索需要増

男子では錦織圭選手、女子では大阪なおみ選手の活躍で
テニス人気がますます高まっています。
今月末には4大大会の一つでもある、
全米オープンテニスも開催されることもあり、
今まさに検索需要が伸びてくる時期です。

他にはない練習法が満載の"時とリスクを制御して勝つテニス”で
是非先行者利益を得てください。


詳細はこちらをクリック⇒ 時とリスクを制御して勝つテニス~結果が出せる考え方とその実践ドリル~【亜細亜大学教授・テニス部監督 堀内 昌一 指導・解説】




↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング


コメント
この記事へのコメント
はじめまして。ランキングから来ました。何をするにしても練習方法や指導方法を少し変えただけで結果が変わる事があるのですね。
2018/08/05(日) 16:45 | URL | しゃんしゃん #-[ 編集]
確かに錦織選手や大阪なおみ選手の影響もあって今旬ですよね。
2019/07/23(火) 08:14 | URL | なかい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://rikigaku.blog.fc2.com/tb.php/14124-92a91ed9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック