コンテンツ革命

ここでは、「コンテンツ革命」 に関する記事を紹介しています。

コンテンツ革命


年始に「お年玉報酬」として、
高額報酬のキャンペーンを行ない

成約率31.8%を記録した、あの教材

「コンテンツ革命」

が、さらにパワーアップさせて帰ってきます。


おさらいとなりますが、「コンテンツ革命」は
良質なコンテンツの作成方法についての教材です。

Googleがコンテンツの質をますます重視する傾向にある今、
まさに多くのアフィリエイターに必要とされている内容を

基本から応用まで、まるごと1つにまとめています。


上位表示を狙いたいアフィリエイターの方は当然のこと、
良質なコンテンツを作成したいすべての方に
オススメできる教材です。


コンテンツの質を重視する時代に
最適な教材であることに加えて、

単純なコンテンツの量だけを見ても、
「革命シリーズ最大」というボリューム感。


以前ご検討していただいた方はお分かりかもしれませんが、

「コンテンツ革命」は、オススメできる人の対象が広く、
質と量のどちらもレベルが高いものとなっておりますので、

非常にお求めしていただきやすい教材だと思います。


ただし、コンテンツの提供方法は
以前と変わっていますので、ご注意ください。


「コンテンツ革命」は、
これまでの「革命シリーズ」の教材と全く違う、
3ヶ月間のカリキュラム形式で提供していました。


しかし今回は再販売という形ですので、
このカリキュラムで提供した

・約4時間のセミナー動画
・サイト設計と外注ライターの活用方法Webセミナー
・寄せられた質問に石川が回答したフォローアップメールのバックナンバー
・6つの豪華特典

上記すべてのコンテンツを、一気に提供します。


これによって、3ヶ月という制限を設けずに
自分の好きなペースで、

「コンテンツ革命」のノウハウを学習し
実践できるようになりました。


「コンテンツ革命」の販売金額は
その内容と比較すれば、圧倒的にお得感があるものですので、

その点はご安心いただければと思います。



サイト設計からコンテンツ作成、そして
コンテンツ作成の外注化まで実践できる

コンテンツ作成の革命的教材が
^^^^^^^^^^^^^
登場することになりました!!


コンテンツ作成の革命的教材、
その名前は


「コンテンツ革命」です!
^^^^^^^^^


弊社は、これまで

・アフィリエイト革命
・キーワード革命

という「革命シリーズ」を
販売させていただきましたが、

「コンテンツ革命」は、その「革命シリーズ」の
最新版ということになります。


そのため、講師は
「革命シリーズ」でおなじみの

弊社の石川が担当しております。


肝心な教材の内容ですが、
「コンテンツ革命」は

良質なコンテンツの作成方法についての教材です。


Googleがコンテンツの質をますます重視する傾向にある今、
まさに多くのアフィリエイターに必要とされている内容を

基本から応用まで、まるごと1つにまとめています。


上位表示を狙いたいアフィリエイターの方は当然のこと、
良質なコンテンツを作成したいすべての方に

オススメできる教材です。


コンテンツの質を重視する時代に
最適な教材であることに加えて、

単純なコンテンツの量だけを見ても、
「革命シリーズ最大」というボリューム感。


「コンテンツ革命」は、オススメできる人の対象が広く、
質と量のどちらもレベルが高いものとなっておりますので、

非常にお求めしていただきやすい教材だと思います。


今回の「コンテンツ革命」は、以前に

社内のみで「カリキュラム形式」の講座として
販売していた内容を、

すべてまとめて、一度にお渡しする教材です。


社内のみの販売時に、カリキュラムで提供した

・約4時間のセミナー動画
・サイト設計と外注ライターの活用方法Webセミナー
・寄せられた質問に石川が回答したフォローアップメールのバックナンバー
・6つの豪華特典

上記すべてのコンテンツを、一気に提供します。


社内での販売時は
3ヶ月という期間の講座でしたが、

今回、教材という形にしたことで
3ヶ月という制限を設けずに、自分の好きなペースで

「コンテンツ革命」のノウハウを学習し
実践できるようになりました。




↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://rikigaku.blog.fc2.com/tb.php/14362-0fa53f8d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック