WordPressテーマ「FAKE(フェイク)」

ここでは、「WordPressテーマ「FAKE(フェイク)」」 に関する記事を紹介しています。



WordPressテーマ「FAKE(フェイク)」

商品名 FAKE(TCD074)
商品カテゴリー WEBサービス
対応ブラウザ PC/iOS/Android/その他



■:コーポレートサイトをスマートに構築するWordPressテーマ「FAKE」が対応

WordPressテーマ「FAKE(TCD074)」が
対応しました。

・WordPressテーマ「FAKE(フェイク)」
WordPressテーマ「FAKE(フェイク)」
・デモサイト
http://tcd.plus/tcd074

FAKEは、企業サイトを簡単に作りたいという方に最適です。
スリムで無駄のデザインですが、信頼感のあるサイトをスピーディに構築できます。

機能面は、前作のECサイト向けテーマ「GLAMOUR」や、
その前の「NOEL」と比較すると、かなりコンパクトになっています。

FAKEでは、最も手軽にハイクオリティな
コーポレートサイトを構築できるように意識したからです。

ただコンパクトでもその訴求力は劣りません。

むしろ無駄なページが無いことで、コンテンツにフォーカスが当たり、
その真意が問われます。

どのページもワンカラム構成なのはそのためですし、
しっかりと作り上げたコンテンツを伝えるためのデザインといえます。

また、主なターゲットはスタートアップ企業や、中小企業なので、
求められるスピード感に応えられるように企業サイトに必要な機能に絞りました。

制作や運営に伴う作業コストを減らしたので、
サイトを立ち上げる時だけでなく、継続して運営していくハードルも下がっています。

その分、本業にコミットしていただけるということです。

少人数で多忙なスタートアップ企業にとっても更新しやすいサイトを構築できます。
サイトは立ち上げるだけでなく、随時更新していくことが大事ですからね。




商品説明

スタイリッシュなコーポレートサイトを瞬時に作り上げることのできるテーマです。

FAKEでは、比較的コンテンツが少なめのスタートアップ企業などのコーポレートサイトを想定しました。

機能面もコーポレートサイトに必要なものに絞り込んでいます。コンパクトにまとめているので、各項目の設定などもわかりやすく、スピーディにサイトを構築することが可能です。

しかし、機能をスリム化しても訴求力は残しています。トップページヘッダーには、全画面で再生される動画を設定可能で、条件を満たしたモバイル端末でも再生される仕様です。大画面の動画で効果的にインパクトを与えることができます。

また、ミニマルなトップページはスクロールすると企業の概要が網羅できるのでスムーズに企業情報を伝達できるレイアウトです。

カスタム投稿タイプは「実績」一つのみに絞り、企業の実績を紹介するページをスムーズに量産できるように改良を重ねました。

その操作性と柔軟なデザインニングで質の高いページを瞬時に作成できますので、サイト制作よりも企業の実績づくり(本業)に徹することができることを狙いとしています。

詳しくはデモサイトをご覧ください。
https://tcd.plus/tcd074/





↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング


コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
FAKE、初めて知りました。
参考になりました。
ありがとうございます。
2019/12/07(土) 15:55 | URL | FuGu21 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://rikigaku.blog.fc2.com/tb.php/14416-256ee111
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック