27. 緊急保存版!今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」を、自分の力で、はね飛ばす簡単な方法!(山田博士作品集)

ここでは、「27. 緊急保存版!今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」を、自分の力で、はね飛ばす簡単な方法!(山田博士作品集)」 に関する記事を紹介しています。

27. 緊急保存版!今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」を、自分の力で、はね飛ばす簡単な方法!(山田博士作品集)

商品名 27. 緊急保存版!今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」を、自分の力で、はね飛ばす簡単な方法!(山田博士作品集)
商品区分 ダウンロード販売
発行者 山田博士


今回を契機に、自分の暮らしを変革してほしい。そうでなければ、「抗ウイルス」食品も無意味になります。



■:いよいよ東京も「新型コロナウイルス」が拡散し始めました。


いよいよ東京も「新型コロナウイルス」が拡散し始めました。
この緊急事態のいま、私のこの新作が世界でも人気です。

ご自身のためにも、ぜひ多くのかたに伝えて下さい。
もう、マスクや手洗いなどでは、対処できません。

ちょうどこの機会を、いいチャンスだととらえて下さい。


今後のあなたご自身の体を強くするための
「抗ウイルス」食品や飲料も記載しました。

もう、小手先だけの対処では間に合う段階じゃありません。

ぜひ、この作品で、この事態を乗り切って下さい。
そして、今後のお知り合いや、あなたやご家族の一生を守って下さい。

下記が作品のタイトルと、概要です。

本文の中からご自由に案内文を作成していただいても結構で
すし、あるいは、このまま全文をお使いになってもかまいません。

皆さんのご尽力を願っております。

ご覧いただき、ありがとうございました。

なお、下記タイトル冒頭の「27」とは、一連の作品シリーズ(いのち運転“即実践”マニュアル)の
第27話……という意味です(笑)。


(タイトル)

27. 緊急保存版!今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」を、自分の力で、はね飛ばす簡単な方法!(山田博士作品集)

~罪の無い「野生動物に罪を着せた」中国の犯罪を、ぼくは一生忘れません。武漢にある2つの研究所の罪とは。免疫アップの食べものを、さらに列挙しました~

27. 緊急保存版!今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」を、自分の力で、はね飛ばす簡単な方法!(山田博士作品集)

            ★★★

(概要)

アメリカの大統領が、「国家非常事態宣言」を発表しました。

今回の、この「新型コロナウイルス」に対して、国家として
取り組むということなんですね(2020/03/13)。

これにより、最大で500億ドル、日本円で5兆4000億円を
感染拡大防止のために活用できるようになるということのようです。

そして、医療機関のベッド数の制限の撤廃や遠隔診療の実施など、
医療体制の強化が可能になりました。

この新たな法案では、健康保険に加入していなくてもウイルスの検査を
受けられるようにすることや、休職や解雇を余儀なくされた人たちのための
所得保障や失業保険の充実などが盛り込まれています。

            ★★★

もちろん、これだけでは、とてもこの「新型コロナウイルス」
対策にはなりません。

その元を根絶しなければならないのでしょうが、
これは、かつて人類が経験したことのない、初めての、大きな「闘い」
となるでしょうね。

一方、イタリアでは感染者が1万7000人、亡くなった人が
1200人を超えたとか(2020/03/14)。

またスペインでは、感染者が4200人を超え、サンチェス首相は
「国内の感染者は、来週には1万人以上になるだろう」
との見通しを示して、非常事態を宣言しました。

現時点では、欧州全土に、この「新型コロナウイルス」は
どんどん拡大しています。

今度、どういう結末になるのか。

ぼくも、それは分かりません。

            ★★★

じつは、この「新型コロナウイルス」は、ただ肺だけじゃなく、
心臓や肝臓、そして脳までにも影響が行くことが分かった……と言います。

中国の「国家衛生健康委員会」が、2020年3月4日に、
「新型コロナウイルス」の感染者には、肺のほか脾臓(ひぞう)
などのリンパ系器官、それに心臓や肝臓、腎臓、脳組織など
にも異常がみられた……とする病理診断の結果を公表してい
ました(出所:「産経新聞」2020/03/4、21:13配信)。

この発表では、たとえば肺では、肺胞内の気体が減少・消失
する現象がさまざまな程度で起こった、と言います。

そして、肺組織の出血や壊死(えし)も見られた、
というわけですね。

なにしろ、いままでにない疫病(えきびょう)です。

いくつもの国が、「国家非常事態宣言」を出さなければ
ならないほどの疫病なんですね。

27. 緊急保存版!今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」を、自分の力で、はね飛ばす簡単な方法!(山田博士作品集)


            ★★★

ただ、大事なことは、この原稿の一番最後でも述べていますが、
今後、このように「新、新、新……新型コロナウイルス」が
毎年のように起こったとしても、自分一人で「生き抜ける」
ような「柔軟な心と強い体」にすること。

これが一番大切なことじゃありませんか。

確かに、「国家非常事態宣言」も大切ですし、必要でしょう。

でも、いつもぼくが述べているように、ふだんの自分の人生の中で、
他者や他国、それに人間以外の生きものたちの存在を、
どう考えながら生きているのか。

自分だけのいのちだけを考えて生きているのではないのか。

そのようなことを真剣に考えるキッカケにしてほしい。

いつも外食や中食(なかしょく)ばかりに頼り、包丁も
握ったことのない人には、今後の世の中、生き残れません。

これは確実です。

つまり、自分の人生を「他人(企業たち)任せ」にしていては
いけない……ということなんですね(ほかの生きものたちは、
みな「自分の力で」生きています)。

            ★★★

それらをふまえたうえで、こうした「新型コロナウイルス」
を吹き飛ばすような「抗ウイルス」のある食べものには、
どういうものがあるのか。

ぼくは現在、メルマガ「暮しの赤信号」を約5000部、
毎朝早朝の5時に、全世界に向けて配信しています。

その読者さんから、とくにこの作品の内容に注目している声を
多くいただいております。

ぼくは、日本人ならなおさら可能な対処の仕方を、
ぜひふだんから身につけてほしいなと、願っています。

そうでないと、いくら大きなマスクで顔を覆(おお)っても、
そんなもの、何の意味がありますか(笑)。

ささささ、それでは、どうぞ、今回の作品を、ご圏といういただき、
皆さまも、ぜひ、楽しみながらお読み下さい。

少しでも皆さんや皆さんのご家族のためにお役に立つことを
願っております。

ご覧いただき、ありがとうございました。

27. 緊急保存版!今後も次々と襲来する「新型コロナウイルス」を、自分の力で、はね飛ばす簡単な方法!(山田博士作品集)




商品詳細説明

★概要 アメリカの大統領が、「国家非常事態宣言」を発表しました。

今回の、この「新型コロナウイルス」に対して、国家として 取り組むということなんですね(2020/03/13)。

これにより、最大で500億ドル、日本円で5兆4000億円を 感染拡大防止のために活用できるようになるということのよ うです。

そして、医療機関のベッド数の制限の撤廃や遠隔診療の実施 など、医療体制の強化が可能になりました。

この新たな法案では、健康保険に加入していなくてもウイル スの検査を受けられるようにすることや、休職や解雇を余儀 なくされた人たちのための所得保障や失業保険の充実などが 盛り込まれています。

★★★ もちろん、これだけでは、とてもこの「新型コロナウイルス」 対策にはなりません。

その元を根絶しなければならないのでしょうが、これは、か つて人類が経験したことのない、初めての、大きな「闘い」 となるでしょうね。

一方、イタリアでは感染者が1万7000人、亡くなった人が 1200人を超えたとか(2020/03/14)。

またスペインでは、感染者が4200人を超え、サンチェス首 相は「国内の感染者は、来週には1万人以上になるだろう」 との見通しを示して、非常事態を宣言しました。

現時点では、欧州全土に、この「新型コロナウイルス」はど んどん拡大しています。

今度、どういう結末になるのか。 ぼくも、それは分かりません。

★★★ じつは、この「新型コロナウイルス」は、ただ肺だけじゃな く、心臓や肝臓、そして脳までにも影響が行くことが分かっ た……と言います。

中国の「国家衛生健康委員会」が、2020年3月4日に、「新 型コロナウイルス」の感染者には、肺のほか脾臓(ひぞう) などのリンパ系器官、それに心臓や肝臓、腎臓、脳組織など にも異常がみられた……とする病理診断の結果を公表してい ました(出所:「産経新聞」2020/03/4、21:13配信)。

この発表では、たとえば肺では、肺胞内の気体が減少・消失 する現象がさまざまな程度で起こった、と言います。

そして、肺組織の出血や壊死(えし)も見られた、というわ けですね。

なにしろ、いままでにない疫病(えきびょう)です。

いくつもの国が、「国家非常事態宣言」を出さなければなら ないほどの疫病なんですね。

★★★ ただ、大事なことは、この原稿の一番最後でも述べています が、今後、このように「新、新、新……新型コロナウイルス」 が毎年のように起こったとしても、自分一人で「生き抜ける」 ような「柔軟な心と強い体」にすること。

これが一番大切なことじゃありませんか。

確かに、「国家非常事態宣言」も大切ですし、必要でしょう。

でも、いつもぼくが述べているように、ふだんの自分の人生 の中で、他者や他国、それに人間以外の生きものたちの存在 を、どう考えながら生きているのか。

自分だけのいのちだけを考えて生きているのではないのか。

そのようなことを真剣に考えるキッカケにしてほしい。

いつも外食や中食(なかしょく)ばかりに頼り、包丁も握っ たことのない人には、今後の世の中、生き残れません。

これは確実です。

つまり、自分の人生を「他人(企業たち)任せ」にしていて はいけない……ということなんですね(ほかの生きものたち は、みな「自分の力で」生きています)。

★★★ それらをふまえたうえで、こうした「新型コロナウイルス」 を吹き飛ばすような「抗ウイルス」のある食べものには、 どういうものがあるのか。

今回は、メルマガの「完全版」で述べたことにさらに新しく 付け加えてみました。 こうした事態だけでなく、ぜひふだんからこうした暮らしを 自分で構築してほしいなと願っています。

そうでないと、いくら大きなマスクで顔を覆(おお)っても、 そんなもの、何の意味もないんですね(笑)。

ささささ、それでは、どうぞ、今回の作品を、楽しみながら お読み下さい。

少しでも皆さんや皆さんのご家族のためにお役に立つことを 願っております。

★目次 ★

(第1章)

ところで、今回のこの「新型コロナウイルス」については、 その発祥地が中国でした。

しかも、武漢(ぶかん。湖北省 の省都)……。

この国は、過去のいきさつを見ても、本当の 情報を外国に提示することがありませんでした。

いや、それ どころか、WHOにまで圧力をかけているわけですね……

★(第2章)

もし今回、この「新型コロナウイルス」が運よく終息したと しても、今後も、毎年のように同じような状態の「繰り返し」 になるかもしれません。

そうなれば、どうなります?

毎年毎 年、今回のような「新型コロナウイルス」で収入が途絶えて しまえば、日本人たちは、いったいどうなることか……

★(第3章)

ところが、今回、この「新型コロナウイルス」の発生場所は、 けっして市場などではなく、中国の「政府研究機関」から流 れたものだという指摘が出てきたのです。

でも、こうした勇 気ある発言をした研究者は、突然失踪(しっそう)してしまい ました……

★(第4章)

じつは、この「新型コロナウイルス」は、ただ肺だけじゃな く、心臓や肝臓、そして脳までにも影響が行くことが分かっ た、と言います。

つまり……

★(第5章)

そこで、「抗ウイルス」の飲食物を少し挙げておきます。

こ れは今回の「新型コロナウイルス」だけの問題じゃなく、ふ だんから、いつも食卓に載せておいて下さい。

4つの視点を まず持って下さい。

そして具体的には、まず納豆が挙げられ ます。

ちなみに、これらは、みなぼくがいつも食べているも のばかり(笑)。

なぜなら……



↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング


コメント
この記事へのコメント
何が書かれているのかすごく興味ありますね。
2020/04/27(月) 16:16 | URL | なかい #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
https://rikigaku.blog.fc2.com/tb.php/14456-bcb22d17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック