レビュー『 【スピリチュアル理論】その莫大な愛と癒しと富すらも届けうる。』

ここでは、「レビュー『 【スピリチュアル理論】その莫大な愛と癒しと富すらも届けうる。』」 に関する記事を紹介しています。



【スピリチュアル理論】その莫大な愛と癒しと富すらも届けうる。

商品概要
【スピリチュアル理論】その莫大な愛と癒しと富すらも届けうる。
サービス名: ダウンロード
発行者: 阿部直実


-----------------------------------------------------
 通常のレビューは、次のようなポイントで行っていただいています。

*(全体評価) 商材全体を5段階で評価。
*(一致性) セールスレターと商材内容の一致度の評価
*(効果性) 商材内容に効果性が認められるかどうか?
*(効果持続性) 時間の経過・商材の広がりによる効果の持続性は?
*(お勧め対象者) 商材のおすすめ対象者は?
*(セールスレター) セールスレターについての5段階評価
*(アフィリ成功可能性) アフィリエイトの成功可能性は?
*(購入限度価格) : 購入してもよい上限価格は?
*(ユニークさ・オリジナリティ) : 手法の独自性はありますか?
*(コメント) 目安として400文字以上、コメントしてください。
-----------------------------------------------------------------


商材のジャンル: その他

あなたのスキル・経験: 一般人

ハンドルネーム: まちゃ


レビュー1(全体評価): 3
レビュー2(一致性): 一致しているとは言いにくい
レビュー3(効果性): はっきりしない
レビュー3-2(効果の持続性): 効果性が続くと思われる
レビュー4(お勧め対象者): 初心者のみ
レビュー5(セールスレター): 4
レビュー6(アフィリ成功可能性): まあまあという印象
レビュー7(購入限度価格): 500円
レビュー8(ユニークさ・オリジナリティ): わからない・不明


レビュー(コメント):

商材の名称にもあるとおり、あくまで「理論」です。

実践は作者か、あるいはしかるべき経験者に教わる必要があります。

精神や心を扱う修法は独学で行うべきではないと、
かつてその種の本で読んだことがあります。

ただ読み物として読む場合はその限りではありません。

しかし、単なる読み物として読むにしては、かなり高額です。

悩みや行き詰まりを感じていた人がスピリチュアルという言葉に惹かれ、
セールスレターを読んで自分はこの方法で変われるかもしれない
と購入に踏み切ったのであれば、
この商材を読んで納得できる部分もあると思います。

が、納得すれどもどうすれば自分は変われるのかと
その実践方法となると、
あまりにも説明不足です。

「瞑想」を奨励しつつも、その際考えるべきことなのかテープを流すのか、
肯定的イメージに誘う文章は書いてありますが、
具体的方法が書かれておりません。

瞑想とは私が知る限りでは「心を空ににて何も考えないこと」なのですが、
この商材の場合の瞑想はとことん良く考え分析することが
過去の浄化に繋がるとの記述。

要は集中できる場所で商材に書かれている
「自己催眠的」文章を読んで深く考えることを
瞑想と言っているのかもしれません。

105ページですから30分もあれば読みきることはできます。

内容は簡単なスピリチュアルテストやチャクラの説明、
そして自分を分析する方法。

本屋さんで立ち読みしても、その程度の知識は得られそうなものでした。

おそらくこの商材を読んで莫大な愛と癒しと富を得られる方は
ほとんどいないでしょう。

ただ、この商材を入門書として
優秀なスピリチュアルの導師の門を叩き、
修法を勉強する動機にはなるかもしれません。

あるいは、この商材の「自己分析の仕方」の部分を読んで
CDか何かに入れ、繰り返し聞くことによって内面の変化を促す方法・・・
これは私が考えたのですが・・・を実践すれば、多少効果はあるかもしれません。

この作者は商材を校正しているのかと思うほど、誤字が多過ぎです。

評価を2以下にしようかと考えたほどです。


詳細はこちらをクリック⇒ 【スピリチュアル理論】その莫大な愛と癒しと富すらも届けうる。




↓情報商材の最新情報はこちらをクリック
人気ブログランキング
FC2ブログランキング



【スピリチュアル理論】その莫大な愛と癒しと富すらも届けうる。のレビュー


関連タグ : 情報商材, レビュー, 評価, 感想, 検証, スピリチュアル, 理論, 莫大, , 癒し,

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する